LATIN & JAZZ 2大ビッグバンドの饗宴 3/21(金、祝)17:00

2014年3月3日 カテゴリー:お知らせ

日本音楽家ユニオン関東地方本部主催   3・19ミュージックの日コンサート

Latin & Jazz ビッグバンドの饗宴  -懐かしきダンスホールの再現-

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC 貴方と夜と音楽と Part II

日時:2014年3月21日(金) 17:00開演(16:30開場)

出演:Orquesta de la MADRUGADA(オルケスタ・デ・ラ・マドゥルガーダ)

    岸義和ビッグバンド

会場:江東区森下文化センター(2階多目的ホール)

コンサートちらしダウンロード (2.7MB)

2013kantoflyer_icatch

岸義和ビッグバンドの動画

Orquesta de la MADRUGADAの動画

<岸義和ビッグバンド>

バンドマスター&ソロ・トランペット:岸義和

ハリー・ジェームスやレイ・アンソニーのナンバーを中心にお送りしています。
略歴
バンドマスター&ソロトランペット:岸義和
来年、デビュー50年を迎える大ベテラン。
スタジオミュージシャンとしてのキャリアが長くその名前はあまり知られていないが、若くしてキューバンボーイズ・シャープス&フラッツ・ニューハード等でリードトランぺッター/アドリブソロプレイヤー/ハイノートプレイヤーとして実力を発揮。
フリーになってからも大物海外ミュージシャンのコンサート等でリードトランペットを勤めるなど、国内随一のプレイヤーである。
自身が幼い頃から憧れていたハリー・ジェームスやレイ・アンソニーの曲をメインに演奏するビッグバンドを還暦を機に立ち上げ、その唯一無二の甘い音色で、ロマンチックに、古き佳き時代のジャズを奏で続けている。
バンドレパートリー
Ray ANTHONY / Harry JAMES / Count BASIE / Woody HERMAN /Quincy JONES /Buddy RICH

<Orquesta de la MADRUGADA>オルケスタ・デ・ラ・マドルガーダ

2007年2月、日本でいちばん新しいマンボサウンドを聴かせるビッグバンドとして誕生

リーダーは「有馬徹とノーチェ・クバーナ」の元コンサート・マスター、寺田正敏。

同年8月、名門ジャズクラブ、六本木「SATIN DOLL」出演を皮切りにさまざまなパーティーやショー、学校での芸術鑑賞会等に出演。

2011年から本拠地を赤坂「B-flat」に移してからは国内外のさまざまなジャンルのアーティストをゲストに迎え、精力的なコンサート活動を行っている。

2012年からは岩本町「TUC」にもレギュラー出演。

レパートリーは多岐にわたり、キューバのソン、チャチャチャからメキシコのボレロ、ペレス・プラードのマンボ、サルサ、ジャズのスタンダードナンバー、日本の曲、クラシックの名曲、そしてバンドのメンバーによるオリジナル曲、そのサウンドは伝統的なマンボサウンドを踏襲しながらも、よりソウルフル、ジャジィー。伝統と現代感覚を併せ持った、ラテンジャズ・ビッグバンドである。

日本音楽家ユニオン関東地方本部