上田愛彦 オーボエ・リサイタル 4/20(日) 14:45 広島県民文化センターホール

2014年3月20日 カテゴリー:お知らせ, イベント情報

上田愛彦 オーボエ・リサイタル

 

日時:2014年4月20日(日)

開演:14時45分

会場:広島県民文化センターホール

 

20140420concert

09444

広島市出身。1981年に桐朋学園音楽高等学校を卒業後、渡欧し旧西ベルリン芸術大学(Hochschule der Künste Berlin)でベルリン放送交響楽団ソロ・オーボエ奏者、ギュンター・ツォールン氏に6年間研鑽の傍らベルリン交響楽団(das sinfonie orchester berlin)等、多方面の演奏活動を行う。1986年9月からは財団法人広島国際文化財団スカラシップ生に選抜される。1988年に同大卒業後日本に帰国後も、フリーランスとして全国各地でソロ活動、オーケストラ、室内楽、ミュージカル等の幅広いジャンルで活躍、1994年からは広島、九州など西日本を演奏活動の拠点とし広島での8回の( 88 93 95 98 0013 10)リサイタルをはじめ米子、松江でのコンサートや、2004年以降は、広島市佐伯区西風新都セントラルシティ「こころの日コンサート」広島市民病院サロンコンサート、魅惑の森コンサート(廿日市市吉和)ふくえどうコンサート(熊野町)NHK広島放送局主催 Lunch Concert(2005年の被爆ピアノとのコンサートの模様はNHKの番組「おはよう日本」で全国中継された)等、サロンでのリサイタルも広島県内や愛媛、九州各県で数多く開催した。最近ではNHK、民放テレビ局やFM局などでもユニークなトークとオーボエ演奏でも多く出演しており、2007年にはテレビ熊本の番組「夜はホンネで!?」にも出演 また2004~5年にNHK美術館コンサートや九州現代音楽際、2009年にはRKKのアトリウムコンサートやNHK美術館コンサートでの演奏がラジオ放送で熊本県や全九州でオンエアされている。また広島青少年協会主催、青少年国際平和未来会議ヒロシマ2007&2009でも音楽を通しての平和のメッセージを、国際平和都市広島を訪問した世界の若者に発信、他にも広島市とドイツ連邦共和国、ハノーファー市との姉妹都市提携のコンサートに(財団法人広島平和文化センター主催 ハノーバーの日記念催事)2005年より毎年出演、広島日独協会や広島オーストリア協会でも広島市とドイツ連邦共和国やオーストリア共和国との国際交流の場でも数多く演奏している。 2012年まで平成音楽大学准教授を18年間勤めた。また2005年~2009年までNHK広島文化センター講師も勤めた。現在は桐朋学園大学音楽学部付属 子供のための音楽教室広島教室講師 その他、広島芸術学会会員、広島日独協会 広島オーストリア協会、日本音楽家ユニオン、各会員、後進の指導にあたりながら演奏活動を続けている。