YASUHIRO KONO with Kyoto Friends Plays standards  9/27(土)14:00 京都

2014年8月16日 カテゴリー:イベント情報

京都でも楽しいセッションをしたいと思い下記のように9月27日に企画しました。
http://www.geocities.jp/wahaha1113/wahaha/w3.html
会場は平安神宮の近くの小さなホールです。
生音でスタンダードナンバーを3人で自由に表現したいと思います。
秋の京都観光を兼ねて、ぜひ御参加ください。

////////////////////////////////////////////////////////////////
”魂が洗われる音楽”
河野の豊かな音楽人生のなか、
たったひとつだけ共通するものを探すとすれば、
この言葉をおいて他に何かあるだろうか
ジャズ評論家 若杉実

YASUHIRO KONO with Kyoto Friends Plays standards
出演:河野康弘Piano  児島さとしBass  服部明彦Drums
日時:2014年9月27日(土)13:30開場 14:00開演
入場料:前売 3,000円 当日 3,500円
会場:NAM HALL2nd  TEL:075-741-8576
〒606-8335
京都市左京区岡崎天王町54-2 NYビル1F
(平安神宮から徒歩5分 岡崎神社150M西)
■申し込み、問い合せ先(地球ハーモニー)
電話 090-1657-0174
FAX     075-406-1956
E-mail wahaha1113@yahoo.co.jp
http://www.earth-harmony.com/

20140927namhall1

 

20140927namhall21
—————————————————————-
○河野康弘 (Piano )
21歳で矢沢永吉バンドのキーボードとしてプロデビュー。
中村雅俊などの伴奏を務めた後、ジャズピアニストとして活躍。リチャード・デイビス(B)など国内外の一流ミュージシャンとのセッションを重ねる。
’91年の湾岸戦争をきっかけに自然保護・平和をテーマに世界へ活動を広げ、年齢を超えて音楽の楽しさ素晴らしさを感じていただくコンサートを展開。
2012年2月、福島第一原発事故により東京から京都へ避難移住。核の無い世界を目指して活動中。
○服部明彦(Drums)
大学卒業後、幻の名ドラマー河瀬勝彦師に学び、古谷哲也氏(Conga)とドラムセット数台でのセッションに参加。その後ジャズドラマーとして中山卓士(P)トリオでLive活動を始める。ジャズ以外にも酒井尋人(G)率いるバンド〈カナディアンハウス〉に在席。自主Live:ジャズトリオとダンスのジョイントコンサート「It’s Jazz」,建都1200年記念ドラムセット数台を使っての和太鼓風アンサンブル「鼓舞~はじめに音ありき」,大津市制100周年記念「和太鼓風セッション蝉丸太鼓」等,活動の場を拡げる。現在ドラム教室Swingにおいて若きドラマーの育成に力を入れ日本本来の空間を持つドラミングを追求し続けている。
○児島さとし(Bass)
1955年、京都府出身、20代でアン・ミュージック・スクールを経て、木村茂雄氏にコントラバスを師事。
その後、大阪プラザ・ホテルでレギュラー・ベーシストを努める他、京阪神のライブハウスで活動。
現在もモダンジャズ,シャンソン,タンゴのベーシストとして活動中。
—————————————————–

 

5285

1953年11月13日生まれ。奈良県生駒市出身。高校卒業後ピアノを始める。74年 矢沢永吉バンドのキーボードとしてプロデビュー。中村雅俊、芹洋子の伴奏をつとめた後、ジャズピアニストとしてアン・リチャーズ(Vo)、リチャード・デイビス(B)、マル・ウォルドロン他内外の一流ミュージシャンとのセッションなどで全国で活動。  91年湾岸戦争をきっかけに母の故郷を流れる四万十川を題材に組曲「四万十川」全10曲を作曲し平和と環境をテーマに活動をはじめる。  94年、ベルギー王国で開かれたブリュッセル・ピアノフェスティバル参加を初めとして南アフリカ共和国、イスラエル・パレスチナ自治区、中国・内モンゴル、タイ王国、ベトナム、南北コリアなど世界へ活動を広げる。  2012年2月、福島第一原発事故の放射能から避難のため長年住み慣れた東京から京都に拠点を移し核の無い世界を目指して活動を続ける。