又吉康之 クラシックギター・コンサート(11/1) 千葉県市川市

2015年10月27日 カテゴリー:イベント情報

又吉康之 クラシックギター・コンサート

 

と き:2015年11月1日(日)午後2時開演(1:30 開場)

ところ:市川西洋館倶楽部

(千葉県市川市新田5-6-21) Tel.047-322-2012

20151101matayoshi_concert

 

matayoshiyasuyuki

スペイン国家演奏家資格取得(スペイン文部省) スペイン国家上級教授資格保有(スペイン文部省) GLC(Guitar Leaders Club)会員 学生ギターコンクール審査員 日本音楽家ユニオン会員 Figaro音楽院講師 文化庁派遣演奏家登録者 1992年八千代市文化振興財団新進芸術家海外研修助成を受け、スペイン・マドリッド王立音楽院ギター科グラードメディオに入学。音楽院主任教授ホルヘ・アリサ・グティエレス氏、マヌエル・ルビオ氏に師事。 1993年上記課程 を学内コンクールにて第2位、スペイン文部省より優秀賞を受賞して終了。 1994年7月グラナダ市にて青少年国際音楽祭、ホルヘ・アリサ氏の講習会に出席。参加中にマヌエル・デ・ファリャ音楽堂にてコンサート、スペイン国営放送ラジオ・クラシカに録音。 1995年マドリッド市立アルトゥーロ・ソリア音楽院を首席にて卒業、国家演奏家ライセンス及びギター教師資格をスペイン文部省より取得。    7月マドリッドのアテネオ・ホールにてギター製作家マルセリーノ・ロペス氏の協賛でマドリッド・デビューコンサート。   8月、セゴビア県ナパフリア村の第6回フェスティバル・デ・ラ・アミスタード(セゴビア・カバ銀行後援)に招待され、パロキアル教会にてコンサート。 1996年マドリッド王立音楽院スーペリオールに入り、スペイン政府より国費留学生として、1年間奨学金の支給を受ける。 1997年第40回サンディエゴ・コンポステーラ・スペイン音楽国際講習会に再びスペイン政府の奨学金を受け参加。ホセ・ルイス・ロドリーゴ氏に師事。    ☆エルネスト・ビデッティ氏には1993年より5年間師事。 1999年までに王立音楽院にて美学、音楽史、美術史、音響学等を終える。これまでのギター科、室内学科全過程を最優秀で修了。 レオ・プロウェル、D・ラッセル、D・バジャステーロス、故ホセ・ルイス・ゴンザレス、ホセ・ミゲル・モレーノ各氏に師事。 2000年5月八千代市文化財団共催によるギターリサイタルを勝田台文化センターで開催。 2000年6月マドリッド、カサ・デ・ギターラにてコンサート。 2000年10月沖縄県立盲学校へ訪問コンサート。 2000年12月都市プレスセンタービル記者クラブにて三月会主催のコンサート。いずれも好評を得る。 2000年6月マドリッド王立音楽院すべての課程を修了、卒業。スペイン文部省より上級教授資格を取得。 2001年2月沖縄県那覇市パレット市民劇場にてギターリサイタル、県立盲学校創立80周年チャリティーコンサートを開催。大成功を収め収益金を同校へ寄付。又吉には5月1日に創立80周年記念祝賀会にて、同校長伸宗根氏より感謝状が贈られた。 2001年3月、5月勝田台文化センターにてギターリサイタルを行う。フラメンコやスペインギター製作者の紹介など地元八千代にスペイン音楽・文化の普及に積極的に取り組んでいる。また、A・G・アブリル、C・プリエートといったスペイン現代音楽作品を日本初演した。 2003年より『わたしたちのコンサ-ト』シリーズの主要メンバーとして、毎年、夏と冬に演奏を行う。2003,2005,2006年には文化庁の助成認定を受ける。 2008年3月4日 紀尾井ホ-ルにてアランフェス協奏曲全楽章を演奏(指揮:及川光悦氏)スペイン国家演奏家資格取得(スペイン文部省) スペイン国家上級教授資格保有(スペイン文部省) GLC(Guitar Leaders Club)会員 学生ギターコンクール審査員 日本音楽家ユニオン会員 Figaro音楽院講師 文化庁派遣演奏家登録者 1992年八千代市文化振興財団新進芸術家海外研修助成を受け、スペイン・マドリッド王立音楽院ギター科グラードメディオに入学。音楽院主任教授ホルヘ・アリサ・グティエレス氏、マヌエル・ルビオ氏に師事。 1993年上記課程 を学内コンクールにて第2位、スペイン文部省より優秀賞を受賞して終了。 1994年7月グラナダ市にて青少年国際音楽祭、ホルヘ・アリサ氏の講習会に出席。参加中にマヌエル・デ・ファリャ音楽堂にてコンサート、スペイン国営放送ラジオ・クラシカに録音。 1995年マドリッド市立アルトゥーロ・ソリア音楽院を首席にて卒業、国家演奏家ライセンス及びギター教師資格をスペイン文部省より取得。    7月マドリッドのアテネオ・ホールにてギター製作家マルセリーノ・ロペス氏の協賛でマドリッド・デビューコンサート。   8月、セゴビア県ナパフリア村の第6回フェスティバル・デ・ラ・アミスタード(セゴビア・カバ銀行後援)に招待され、パロキアル教会にてコンサート。 1996年マドリッド王立音楽院スーペリオールに入り、スペイン政府より国費留学生として、1年間奨学金の支給を受ける。 1997年第40回サンディエゴ・コンポステーラ・スペイン音楽国際講習会に再びスペイン政府の奨学金を受け参加。ホセ・ルイス・ロドリーゴ氏に師事。    ☆エルネスト・ビデッティ氏には1993年より5年間師事。 1999年までに王立音楽院にて美学、音楽史、美術史、音響学等を終える。これまでのギター科、室内学科全過程を最優秀で修了。 レオ・プロウェル、D・ラッセル、D・バジャステーロス、故ホセ・ルイス・ゴンザレス、ホセ・ミゲル・モレーノ各氏に師事。 2000年5月八千代市文化財団共催によるギターリサイタルを勝田台文化センターで開催。 2000年6月マドリッド、カサ・デ・ギターラにてコンサート。 2000年10月沖縄県立盲学校へ訪問コンサート。 2000年12月都市プレスセンタービル記者クラブにて三月会主催のコンサート。いずれも好評を得る。 2000年6月マドリッド王立音楽院すべての課程を修了、卒業。スペイン文部省より上級教授資格を取得。 2001年2月沖縄県那覇市パレット市民劇場にてギターリサイタル、県立盲学校創立80周年チャリティーコンサートを開催。大成功を収め収益金を同校へ寄付。又吉には5月1日に創立80周年記念祝賀会にて、同校長伸宗根氏より感謝状が贈られた。 2001年3月、5月勝田台文化センターにてギターリサイタルを行う。フラメンコやスペインギター製作者の紹介など地元八千代にスペイン音楽・文化の普及に積極的に取り組んでいる。また、A・G・アブリル、C・プリエートといったスペイン現代音楽作品を日本初演した。 2003年より『わたしたちのコンサ-ト』シリーズの主要メンバーとして、毎年、夏と冬に演奏を行う。2003,2005,2006年には文化庁の助成認定を受ける。 2008年3月4日 紀尾井ホ-ルにてアランフェス協奏曲全楽章を演奏(指揮:及川光悦氏)