坂岡裕志ユーフォニアムリサイタル ユーフォニアムの魅力Ⅹ ~音の博物館~

2016年2月17日 カテゴリー:お知らせ
img253
ユーフォニアム奏者の坂岡裕志と申します。
本年6月26日(日)にリサイタルを開催いたします。
 ユーフォニアムに近い各国の楽器が様々ありますが、そうした楽器による世界でも大変珍しい演奏会です。
坂岡裕志ユーフォニアムリサイタル ユーフォニアムの魅力Ⅹ ~音の博物館~
前代未聞!全曲すべて違う楽器を使用してのコンサート。 各国には、ユーフォニアムとほぼ同じ役割を担うものの、音色、形状、バルブシステムなどの異なる楽器が存在し、現在のユーフォニアムのレパートリーにはそういった日本ではあまり使用されない楽器や既に製造されていない楽器の為に作曲された曲も少なくありません。 今回、作曲家がその曲を書いた時に想定したオリジナル編成での演奏や、どうしてもその楽器で演奏したいこだわりの曲など、坂岡裕志の貴重なコレクションを使用して、各楽器に対する認識を深め、ユーフォニアム奏者の可能性を追求するコンサートを開催します。 演奏前には各楽器の解説や使用例の実演、演奏後には舞台に楽器を展示し聴くだけでなく目でも楽しめるコンサートです。
開催日 2016年6月26日(日) 13:30開場 14:00開演会場
会 場:舞子ビラ あじさいホール 地図はこちらから
(JR・山陽電鉄舞子駅より送迎バスあり)料金 一般2000円 高校生以下1000円(当日500円増)
(全自由席・未就学児入場不可・母子室あり)曲目
ユーフォニアムとピアノの為のラプソディ/カーナウ
テノールホルンとピアノの為のソナタ/タカーチ
ドニゴール湾/クーパー
ソナタ ヘ短調/テレマン
ケンタッキーの我が家の主題による変奏曲/リマー arr.石田忠明
序奏とセレナーデ/バラ
ユーフォニアム・サックスとピアノの為の会話/ヨーク 他

共演
ゲスト:飯田憲司(アルトサキソフォン)
ピアノ:松永玲子・橋本礼奈
ウィンドカンパニー金管合奏団
Tp福中 明・勝田 愛  Hr椋橋 基博 Tb喜井 宏 Tub片岡 耕一 Per河野 佳代子

チケット申し込みフォーム http://form.os7.biz/f/0f06949b/
チケット取り扱い店
三木楽器心斎橋店管楽器フロア 06-6251-4596
三木楽器Low Brass Center 06-6343-1360
ドルチェ楽器大阪店 06-6377-1117  グランド楽器 078-412-3100
近藤楽器 078-230-6070  国際楽器社 06-6252-0222

後援 兵庫県吹奏楽連盟 神戸市吹奏楽連盟 垂水区音楽協会
塚本学院校友会(大阪芸術大学・同短期大学部・大阪美術専門学校)

協賛 株式会社グローバル 株式会社ビュッフェ・グループ・ジャパン
三木楽器株式会社 株式会社ドルチェ楽器大阪店 株式会社国際楽器社
ウインドカンパニー株式会社 リバーシティ・ステージ・ラボ PROJECT EUPHONIUM

支援 (公財)神戸市民文化振興財団

http://sakaeuph.wix.com/home

裕志 坂岡

大阪芸術大学芸術学部演奏学科管弦打コースを卒業。 ユーフォニアムを大阪市音楽団の的場由季、三宅孝典各氏に師事。 世界的な奏者の、デビット・ウェアーデン、スティーブン・ミード、ブライアン・ボーマン、外囿祥一郎各氏の公開レッスンを受講。 同大学卒業演奏会、兵庫県大学新人演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会、ユーフォニアム・デビューコンサート等、多数の演奏会に出演。 第一回全日本ベストプレイヤーズコンテスト奨励賞、第九回和歌山音楽コンクール第二位入賞、第六回日本クラシック音楽コンクール大阪地区本選にて優秀賞、同全国大会に於いて審査員特別賞を受賞、第一回「万里の長城杯」国際音楽コンクール第二位入賞、第三回松方ホール音楽賞管楽器部門にて金管楽器として初の大賞受賞者となり、第一回大阪国際音楽コンクール奨励賞受賞など、多くのコンクールに入賞を果たす。 神戸芸術文化会議主催、91KACCコンサートに於いて、金管楽器独奏として初の合格者となり、同演奏会に出演、好評を博す。 1994年3月に、ジョイントリサイタル、1997年10月に第一回ソロリサイタルを開催、2001年9月には「松方ホール音楽賞大賞受賞記念」と題して第2回リサイタルを開催。2007年6月には三木楽器主催、開成館リサイタルシリーズにて第3回リサイタルを開催、2010年3月にデュオライブ開催、2011年12月、神戸市民文化振興財団・アートベンチャー事業にて、坂岡裕志・曽我香織デュオコンサート開催。2016年6月、神戸市民文化振興財団・アートベンチャー事業にて第4回ソロリサイタル「ユーフォニアムの魅力Ⅹ ~音の博物館~」を開催。 第78回神戸市吹奏楽祭にて神戸市出身プロ奏者のソリストとしてゲスト出演する。 兵庫県立伊川谷高等学校吹奏楽部第1回、第3回定期演奏会、垂水シンフォニック・ウインズ第1回、第5回、第11回、第14回、第20回定期演奏会、神戸ウインドシンフォニカ第9回定期演奏会に於いて、協奏曲を協演。 1998年1月、加古川ウエルネスパークのオープン記念事業「加古川音楽協会第七回定期演奏会」にゲスト出演し、地元ケーブルTV にて放映される。 1999年4月に「FMちゃお」の「ちゃおチャオ792」に出演、オンエアされる。 2002年2月に「FM尼崎」に出演、オンエアされる。 2002年12月に「ラジオ大阪」の「チャリティーミュージックソン生放送に出演、オンエアされる。 広く市民が音楽に親しめる活動として、垂水区役所一階ロビーにて、レバンテ月曜ロビーコンサートの一環として「坂岡裕志ミニコンサート~ユーフォニアムの魅力」Vol.Ⅰ、VOL.Ⅱ、Vol.Ⅴの開催他、秋篠音楽堂ロビーコンサート「春めく宵のサロンコンサート」や、堺・大仙公園日本庭園での「ピオニー・クラシックコンサート」、堺市役所「VIEW21コンサート」(坂岡裕志ミニコンサート~ユーフォニアムの魅力Vol.Ⅲ)、堺市北区役所「夏のつどい」(坂岡裕志ミニコンサート~ユーフォニアムの魅力Vol.Ⅳ)、ヒルトンホテル大阪「トワイライトコンサート」、兵庫県立舞子公園「旧武藤山治邸・クリスマスコンサート」、特別介護付老人ホーム「ディアージュ神戸」クリスマスコンサート、舞子公園旧武藤山治邸サロンコンサート(坂岡裕ミニコンサート~ユーフォニアムの魅力Vol.Ⅵ)、第38回アミティ友の会サロンコンサート・晩秋のコンサート、ザ・レジデンス芦屋スイート定例コンサートに出演するなど、クラシック音楽およびユーフォニアムと言う楽器の啓蒙活動を活発に行う。 大阪ブラスコンソート、ザ・ブラス・コンソート、デンメルン・ブラス・オーケストラを歴任し、現在、ソロ、室内楽を中心としたフリーランスのプレイヤー及びブラスフェイヴァリッツ、ユーフォニアムグループGrow、ブラス・スカラーズ大阪、ウインドカンパニー、ウィンドアンサンブル「奏」、バイエルンカペレ大阪、ラーロ・カルテット、FALアンサンブルの各メンバーとしての演奏活動の他、大阪市音楽団の演奏会やCD録音への参加、CM出演、コンクールでの審査員としての活動、神戸ルミナリエ・ウォーカーフェスタ98や、阪神・淡路大震災追悼コンサートなど地域のイヴェントに出演するなど、活発に演奏活動中。 特に小・中・高等学校などでのスクールコンサートでの演奏は全国各地述べ1000校以上を数え、そのインパクトの有る楽器紹介で子供のハートを掴む事には定評がある。 94年に市民吹奏楽団「垂水シンフォニック・ウインズ」を創設、2000年までの6年間、常任指揮者として後進の指導を行う。2014年より同団顧問に就任。2011年9月より、垂水区のママさんブラス「リズム戦隊ママレンジャー」の司令官(指揮者)を務める。スイス・ウィルソン社ユーフォニアム使用アーティストとしてカタログに顔写真、氏名と使用機種が掲載中。データベースカンパニー日外アソシエーツから2012年7月に刊行された人物辞典、『日本の演奏家―クラシック音楽の1400人』に掲載される。垂水区音楽協会会長、垂水生活文化協会副会長、西宮音楽協会会員。