2018年10月12日 カテゴリー:おしらせ, コンサート

【宮城県/仙台市 後援事業】 BOP CASTLE vol.2〜サックスプレイヤー熊谷駿 New Year presents American Jazz Prog〜
BOP CASTLE flyer omote

bopwind

10歳よりヤマハ音楽教室にてサックスを始める。 2014年ジャズ・ポピュラー音楽のアメリカ名門大学である「バークリー音楽大学」に、2つの給付型奨学金を獲得し入学。在学中は、Art Blakey & Jazz Messengersのメンバーであり、木管学部学部長であったBill Pierce氏に師事。 在学中よりキャロライン・ケネディー元アメリカ駐日大使出席イベントでのゲスト演奏、ボストンレッドソックスオーナー ジョン・ヘンリー氏私邸でのゲスト演奏、日米関連レセプション、パーティー演奏等、多くの招待演奏に尽力する。 2016年より「フルスカラシップステューデント(全学費免除学生)」に選抜され同年12月にPerformance科を卒業。音楽学士を取得。 2017年より、アメリカ国内最古の音楽大学である「ニューイングランド音楽院」に例年2-3名の合格しか許されない高倍率の中、3名中1人に選抜され給付型奨学金を獲得し同年9月より大学院修士課程に入学。 ジャズサックスを Jerry Bergonzi氏、Bill Pierce氏、クラシックサックスを Kenneth Radnofsky氏に師事し、現在ジャズ・クラシックの両面から学んでいる。またジャズインプロビゼーションにおける技法研究と1940年代以降のジャズ「ビバップ・ハードバップ・ポストバップ」における各時代のアドリブ奏法に関して現在研究を行なっている。 国内でも行政・TV局・ラジオ・新聞社が後援となって開催している自身のコンサート『BEBOP EXPRESS』『BOP CASTLE』を地元仙台市にて年2回開催。これまでの全3公演を前売完売で成功を収めた。(総動員700名以上)また日本有数のジャズフェスティバルである「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」へのスペシャルゲスト出演や、協賛CMでの自身の楽曲が起用されるなど精力的に活動を行っている。 演奏のみに留まらず、2017年1月よりサックス専門音楽事務所「Music Office Bop Wind」を起業。自身のコンサート企画をはじめ4つのサックスに関連する事業を展開している。同年にリガチャーにおける特許2件を取得。(現在1件申請中) メディアでは、東日本放送「スーパーJチャンネルみやぎ」で特集での放送を始め、新聞・雑誌などでもコンサートを行う毎に取り上げられており現在期待のサックスプレイヤーである。