[川本 眞理] プロフィール

プロフィール写真

基本情報

川本 眞理(かわもと まり)
Kawamoto Mari
演奏家  音楽講師 
ウェブサイト 
アンサンブル多摩楽友響会主宰。
メンバーのプロフィール
♪川本眞理(オーボエ)Mari KAWAMOTO
 3歳よりピアノを安芸幸子、安芸彊子両氏に、16歳よりオーボエを川本守人氏に師事。都立駒場高校音楽科、東京藝術大学卒業。オーケストラ・グレースノーツ、宇野浩二フルート四重奏団メンバーを経て現在に至る。85年、多摩管弦楽団定期演奏会で、川本守人氏とアルビノーニのオーボエ二重協奏曲を演奏。現在、演奏活動の傍ら、日本音楽家ユニオン関東地方本部事務局次長を務め、音楽文化の振興と音楽家の地位向上に力を注いでいる。

♪金 元(クラリネット)Gen KIM
 東京藝術大学を経てウィーン音楽院に留学。横浜ノネット団員。
 78年、80年にリサイタルを開催。84年、多摩管弦楽団とモーツァルトの協奏曲を、91年横浜管弦楽団とウェーバーの協奏曲を共演。三島勝輔、千葉国夫、ルドルフ・イェッテル、アルフレード・プリンツの各氏にクラリネット、細野孝興、カール・エルベルガー両氏に室内楽を師事。毎年パルテノン多摩において開催している《シリーズ・室内楽の楽しみ》は13回を数える。

♪松岡邦忠(ホルン)Kunitada MATSUOKA
 13歳よりホルンを始める。東京藝術大学大学院、ベルリン芸術大学にて、ホルンを山元俊雄、守山光三、ゲルト・ザイフェルトに師事。大阪シンフォニカー副首席ホルン奏者を務めた後、桜美林大学にて後進を指導する傍ら、演奏活動、作曲活動を積極的に行なっている。

♪角田高弘(ファゴット)Takahiro TSUNODA
 国立音楽大学卒業。三田平八郎、A・ヘニンゲの両氏にファゴット及び室内楽を師事。山形交響楽団首席奏者を経て各オーケストラの客員奏者として活躍。
 85年、東京クレールアンサンブルを設立し、ソロ、室内楽、指導と活躍している。93年、ウクライナ共和国に招かれ、「ウクライナと日本の音楽家による音楽祭」に出演し好評を博す。現在、東京クレールアンサンブル代表、日本ニューフィルハーモニー管弦楽団首席奏者。

♪金 詠子(ピアノ)Eiko KIM
 桐朋女子高等学校付属音楽科、桐朋学園大学を卒業。80年、デュオリサイタル開催。86年、多摩管弦楽団とモーツァルトの協奏曲を、93年、ベートーヴェンの協奏曲を共演。若松紀志子、真下良子、寺西昭子の諸氏に師事。室内楽を中心に演奏活動を続け、パルテノン多摩において開催している《シリーズ・室内楽の楽しみ》は13回を数える。
詳細プロフィール
活動拠点
対応可能地域
ジャンル
演奏家
レパートリー
演奏料金(1ステージ当り)
別途機材費
演奏可能な会場の種類
ディスコグラフィー
その他演奏について
音楽講師
レッスン場所 講師自宅可|出張可
レッスン形態 個人
対応可能な曜日
対応可能な時間帯
補足事項

スプリング・コンサート2014

アンサンブル多摩楽友響会

~管楽器とピアノによる六重奏~
2014年 3月29日(土)14時30分開演(開場14時)

会場:多摩市立関戸公民館 ヴィータ・ホール
フルート:原嶋由紀 オーボエ:川本眞理 クラリネット:金 元

ホルン:松岡邦忠ファゴット:角田高弘 ピアノ:金 詠子

00646
Author: 00646 2014年2月21日